読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんままですが

母子家庭のリアルな生活日記です。

母子家庭がお金を借りること

一個前のブログ(長らく放置してしまった - しんままですが)で貯金ゼロの話をした。

 

んで、まあ何事もなければいいなと思いながらも不安なので

あれこれ考えた。

 

お金が降って来ないかな、宝くじが当たらないかな、パチンコ行ってみようかな。

 

あとは、すっごーく内容のいい仕事が前金ありで入って来ないかな、とか。

 

まあどれも現実的ではないのでちゃんと考えた。

 

一つ目

生命保険の貸付

私の加入してる保険は貸付が受けられる。

(掛け捨ての保険は多分貸付ないのでご注意を)

この生命保険の貸付は解約返戻金の範囲内なら借りることができる。

年利も消費者金融から比べれば安いし、審査もない。

ただし、祝い金などお金がもらえる系の保険の場合借りっぱなしだと

お金がもらえないことがあるので注意を。

保険会社によって異なるだろうけど、私が契約してるところはネットで簡単に申し込める。

営業時間内であればすぐに振り込んでもらえるとのこと。

緊急性が高い場合は利用価値あり。

 

二つ目

母子父子寡婦福祉資金貸付金

(財)全国母子寡婦福祉団体協議会--経済的支援策

ここに簡単な内容がのってるので興味がある方は見てみるのもいい。

まあ、ざっくりいうと母子家庭や父子家庭などがお金を借りられる制度。

年利はめっちゃ安い。

保証人をつければ利子なしで借りることができる。

つけなくても1.5%なので生命保険の貸付よりも安い。

ただし、これ手続きが面倒。

しかるべき場所に相談後、必要書類集めて申請。

(面談がある場合もあるとのこと)

あ。

しかるべき場所ってのは福祉課だったり子供保育科だったり各自治体によって違うと思うので役所や福祉事務所で確認を。

もろもろの手続きを経てからの貸付となるので、早急にお金がない人にはキツイかもしれない。

 

三つ目は……まあ消費者金融

すぐに融資してもらえるから本当に今すぐお金が必要な人はいいかもしれない。

でも、上二つに比べれば金利高いし、私はびびりなので手は出せない。

すごい勝手なイメージだけど取り立てきたらどうしようってなる。

まあ、取り立て来ないように返せばいいんだろうけど。

貸し月中なら金利ゼロなんてところもあるけど、やっぱりこわくて手が出せない……。

 

ので、

いざお金が本当に必要になったらきっと生命保険の貸付を受けると思う。

 

使わないですめばいいんだけど……。

 

長らく放置してしまった

特に仕事が忙しかったわけではないのだけど

モンストに娘とはまりまくってしまい、やれイベントだのなんだのとスマホを触ってる時間が多くなった。

 

さて、ここ最近の我が家。

やばいぐらい金がない。

 

仕事はしてるけど、フリーランスのライターなもんで収入が不安定。

クライアントによってギャラも多少変わる。

あと振込日も変わる。

 

月末締め翌月払いの会社もあれば、月末締め翌々月払いの会社もある。

で、まあ翌々月払いやら80日後払い的な会社の仕事ばっかりだったここ最近、まさかの生活口座の残高2万円。

 

こんなに金なくなったの初めてじゃないんか?

ってぐらい焦った。

ので、とりあえずちょっとした貯金口座からお金引っ張り出して

カードの支払いに当てがった。

 

おかげで貯金ゼロよ……。

 

困ったなー……月末になれば夏頃仕事したお金が入ってくるから

心配はないけど、やっぱり不安。

 

あと10日。

大きい金額が必要になることありませんように。

給食代は申請すれば免除に!

一時期、給食代未納が多いってニュースでもとりあげられてたけど、

我が市でも3000万近い未納があったんだとか。(トータル3000万なのか年間3000万なのか聞き漏らしたけど)

 

合併してそこそこ広い市だ。

小学校だけで20校ぐらいある。

 

そうか

こんな田舎でも未納なのか。

 

が、払えないなら免除申請をすればいい。

所得に応じて免除(っていうか支給)される。

 

我が家はもちろん対象所得だったけど、やめた。

手続きがめんどくさいっていう理由もあるけど……

娘は食べる。

とにかく食べる。

ので、おかわりもきっとするだろう。

 

おかわりまでして免除ってお前……って自分の中でなったので払ってる。

払える金額だし。

 

本当に困窮している方はばんばん申請するべき。

ただ、払えるのに「勝手に給食だしてんのそっちでしょ?」って家!

まじ払え。

 

我が市の未納世帯で貧困世帯はどれくらいなんだろう。

そしてその貧困世帯はなんで申請をしないんだろう。

知らないとは言わせない。

だって説明するもん。

説明するし、なんならお便りもきた。

 

どの学校だって、説明はどこかのタイミングでしてるはず。

年長の学用品買う2月のときか、もしくは小学校の入学式の後に。

 

年金未納者には取り立ていくんだから給食代も取り立ていくべきだよ。

 

ただ、給食代が全額負担かとかどれくらいの所得なら大丈夫なのかは各自治体によって違うと思うので、詳しくは

就学援助制度

で、検索してみることをおすすめする。

もしくは役所で聞くとか。

 

ちなみに、私の予想通り娘はおかわりキャラとして定着したらしく

給食がまだ残ってたりすると先生から「おかわりする?」と直接聞かれるレベル……。

払っておいてよかった……。

(娘の通う学校は給食の残し率が低いと表彰されるとか)

 

給食ってちゃんと栄養バランス考えられてるし。

1食あたりに換算すると200円ちょっとだし、ありがたすぎるよ。

 

小学校の入学時にかかるお金

保育園の年長になった年の10月ぐらいに、まず入学するであろう小学校から検診のお知らせが来る。

 

視力や身長、体重などのほかに簡単な知能テストをする。

ここで何か問題があると後日面談したり、しかるべきところへの通院をすすめられるが娘は特に何もなかった。

 

そして年が明けて2月くらいに、小学校で必要なものの販売をする日がある。

 

ここで買うのは

・絵具セット

・机の引き出し

・絵具

・算数セット

・ピアニカ

など、授業や学校生活で使うもの。

給食着や体育着は個人的に指定された販売店へ買いに行く方式。

もろもろあわせて3万くらいかかった。

 

もちろん、お古の算数セットやピアニカなどをもらえるのならそれでもいいが

変なプライドが働き娘には新品を買ってやりたかった。

 

 絵具セットなんてアマゾンで買えば割引なんかもされて安く買えるけど、基本的に学校指定の物にしてくれということを事前にいわれていたので、仕方なく。

 

まあ、娘としても周囲の子と違うものを自分だけが持ってるの嫌だろうし。

(なんなら、文房具のりやハサミですら指定の物を買ってほしいとのことだった。

100均に売ってるのに)

 

これが本当に超最低限かかるお金。

 

と、お思いだろうか?

違う、その他にもまだかかる。

4月分の給食代、PTA会費などで6000円近く口座からひかれる。

 

ただ、申請をすればその必要な道具を買うお金は補助が出る。

2万くらいだったかな。

 

まーそれが手続きめんどくさいんだ。

学校の事務室へ行って申請用紙をもらってきて、それを記入して所得証明つけて役所に提出して審査を待って、そこで初めて補助金が出る。

 

我が家は、入学祝としてお金を親や親戚からもらえたのでそれをありがたく使わせてもらい、補助金の申請はしなかった。

 

更に小学校入学で一番お金がかかるものといえば

 

ランドセル

 

安価なものは1万円ぐらいから売ってる。

でも上を見たらきりがない。

 

我が家は母が買うとはりきっていて5万ぐらいのランドセルを買ってもらった。

本当に親に頼りっぱなしだ。

これまじ親いなかったらどうしてたかな。

 

更に勉強机。

ただこれは、自身の経験上必要ないと判断した。

だって勉強机あってもそこで勉強しなかったもん。

 

基本、居間のテーブルで宿題やってたし。

 

なので勉強机は買わなかったけどちょっとした机的なものと

教科書などがしまえる三段ボックス的なのを買った。

 

総合すると

10万近くかかったんでなかろうか。

 

 

 

母子家庭、学童保育所の選び方

なんやかんやあったけど

娘は保育園を卒園した。

 

在宅業務だけど、家に娘がいるとどうしたって仕事より娘を優先してしまう。

なので保育園はありがたかった。

 

朝、保育園に娘を送って迎えに行くまでが就業時間といったふうに自分の中できちんと区切りをつけられることもできたし。

 

さて

そんなありがたい保育園を卒園してしまう。

小学校に入ったらどうしようか。

 

私の住んでいる地域には学童保育所があったので、そこを利用することにした。

公立と私立が幸いにもあったので

悩んだが私立にした。

 

公立の方が確かに料金的には安いし、母子家庭は優先して入れる場所だった。

が、あえて私立にした。

 

娘が入ることになる私立の学童保育所は月々1万5千円ほどだった。

保育園は給食代の600円しかかかってなかったから躊躇したけれども、それでも公立にいれなかった。

 

ここで私の暮らす市の学童がどんなものだか紹介しよう。

 

・公立

学校の敷地内にある。

月謝は所得に応じてらしいが、最低2000円から。

指導員は2人。

70名の定員で、下の学年が多くなれば多くなるほど、上の子からやめさせられていく。

(基本的に2年生までしか預かってもらえない)

ただ預かるだけで、宿題の時間などは特に設けず子供が自由に過ごす。

 

・私立

小学校から徒歩5分程度の場所にある。

月謝は一律1万5千円。

指導員は基本的に3人。

定員は特にないが50名前後。

定員が決まっていないため、新入生が入ってこようがなんだろうが上の学年の子はやめる必要はない。

宿題をする時間、おやつの時間、などきちんと決まっている。

 

公立サゲするわけではないけど、

実際に公立に預けているお母さんの話によると本当に野放しらしい。

宿題を自主的にやる子もいれば、まったくせずにずっと遊んでる子もいる。

指導員は本当に見てるだけ。

しかも3年生になるとやめさせられるから夏休み期間は結局、家で見なければならない。

 

それを聞いて私立一択にした。

本当にイタイ出費だ。

いくら工場にいたときより給料があがったからって

家賃もあがってるし。

 

ちなみにこの頃の我が家は

児童扶養手当などいろいろな手当てを集めて平均18万程度。

 

・家賃

5万(3dk駐車場付き)

 

・車維持費

月3~5千程度

 

・食費

3万くらい(野菜などを貰う量が減ったので以前より増えた)

 

・光熱費

全部あわせて1万くらい

 

・通信代

1万くらい

(インターネットとスマホ

 

・その他

1~2万くらい

(服とか消耗品とか)

 

・たばこ

1万くらい

 

学童保育所代

1万5千

 

まあ……トントンだ。

娘が3歳の頃の生活費を公開したけど今もあんま変わらない。

収入が上がったけど、その分、工場を辞めたせいで食料はもらえないし家賃は高くなったし。

 

更に

ここにPTA会費や給食代などがさっぴかれるようになる。

小学校にあがるにあたってかかるお金は次のブログで。

隣人がまさかの!?

引っ越し翌日。

買い物から戻り家に行こうとすると隣人の姿が。

 

声をかけたところ

外国の方だった。

 

日本語よくわからない状態だったので

挨拶もそこそこに家へ戻った。

 

あとで不動産屋さんに聞いたらペルー人だとのこと。

 

でも

もともと近所づきあいなんてするつもりなかったから

むしろ外人さんで気が楽って思ってた。

 

浅はかだった。

 

文化の違いなのかなんなのか

深夜2時ぐらいまで陽気な音楽をかけて騒ぐ。

その家には子供がいたんだけど

深夜だろうがいつだろうがいつも騒いでる。

 

我が家のリビングの目の前に隣人の換気扇があるから

料理のにおいが入ってくるんだけど

香辛料しか使ってないんじゃないの!?

っていうとんでもないにおいだった。

 

おまけに土日ともなれば、

これでもかってぐらいお友達を呼んで盛大に騒ぐし、

なんならうちの庭(?)に平気で車をとめる。

 

さすがにイラッときたので不動産屋さんに

あれはなんなんだ、車を人の家の前にとめないでくれとお願いしにいった。

 

不動産屋さんには、ご近所からクレームがいってるらしく

「何度注意しても日本語わからない」で通される……とへこんでおられた。

 

それでも、どうにか車をとめることはやめてくれた。

 

まあ

異文化だ仕方がない。

そう思って過ごすようにした。

ちなみに、リビングの窓はもうあけないようにした。

広告を非表示にする

探し当てた物件は

不動産屋さんをいくつかめぐり

見つけたのは

月5万駐車場付きの3dk戸建てだった。

 

都会に住む人は

5万で駐車場ついて3dkの戸建て!?

ってなるかもしれないけど

まあ、田舎ならこんなもんだ。

 

むしろ

市営住宅に住んでた自分にとっては5万!?払えるかな……

って感じだった。

 

でもそこは、小学校が近かった。

家から学校が見えるぐらい近かった。

 

それに何より戸建てだし。

築年数がだいぶたってるけど、別に住めないわけでもない。

 

んでもって

歩いて10分もすればコンビニがある。

 

そこに決めた。

 

決まってから引っ越しはあっという間で

娘が年長の秋ぐらいにはもう新しい場所に住んでた。

 

嬉しかったな。

賃貸のボロといえども

戸建て。

 

市営住宅

たくさん世帯数があったし上の音とか隣の音とか

すっごい聞こえてたしうちの生活音も聞こえてたと思う。

 

だから

戸建てが超嬉しくてテンション上がった。

 

イトコに手伝ってもらって

引っ越しをして

その日、ささやかな引っ越しパーティーを

イトコと娘と私の三人でした。

 

娘は新しい家におおはしゃぎだった。

イトコも「学校近いし、これで5万ならいいじゃん」って言ってくれて

新しい場所での生活が楽しみだった。

 

ちなみに

引っ越しっていっても

同じ市内で実家からも車で10分くらいなんだけどさ。

 

まあそれでも気分新たに

生活を始められると思ってた。

 

広告を非表示にする