しんままですが

母子家庭のリアルな生活日記です。

到来した閑散期

二足のワラジ生活をしていたけど……なんとか頑張ってたけど……

(ちなみにこのとき、WEBライターのみの収入は2万くらい)

 

とうとう、工場が閑散期を迎えました。

週に1回は休みを強制的に取らされる。

 

まあ、休みの日に記事をたくさん書けばいいじゃないって思ったけどさ

もうネタ切れよ。

何書けばいいのよ。

 

すぐに楽したがる私は、再びグーグル先生にお世話になり好条件の仕事を探した。

 

そこで出会ったのが……

なんと単価1円のお仕事!!!!!!!!!

 

今までが1文字0.5円だったので、給料が倍になるわけよ。

500文字の記事250円だったのが500円になるのよ!?

1時間で2記事書ければ時給1000円換算だよ!?

え!?

 

工場の時給が850円だったので

すごくやってみたい。

 

でも1文字1円だぞ!?

私なんぞに務まるのか……?

 

不安が渦巻く中、勢いで応募した。

 

そこは占いライターを募集してる会社だったんだけど、もちろんそんな経験はない。

特に占いが好きなわけでもない。

 

ただただひたすらに、1文字1円という単価に憧れて応募しただけだ。

 

結局、占いライターの経験がないのでテストをすることになった。

先方が送ってきた資料をもとに、占いサイトに掲載する文章を作成する。

 

ちなみにテスト内容というのは

タロットカードの鑑定結果を書く想定だった。

■テーマ「これから出会う運命の人はどんな人?」

・愚者のカードが出た場合はこんな人

・女教皇のカードが出た場合はこんな人

みたいなのを書いていくの。

資料には占い師の鑑定結果があって

(愚者→期待、変化、スタートみたいな意味が書いてある)

この鑑定結果をもとにして、文章を組み立てていく。

ここは1鑑定300文字指定だった。

 

タロットカードは大アルカナで22枚あるんだけど、

テストなのでそのうち好きなカード選んでとりあえず10個書いてみてという内容。

 

え、これ落ちたら無報酬じゃん?

時間無駄になるじゃん?

300文字を10個って3000文字じゃん。

0.5円単価の仕事でも1500円もらえるよ!?

 

タロットカードなんてわかんないし、

鑑定結果つったって、希望だの羨望だの憧れだの単語が並んでるだけ。

それを組み立てる?????

 

わかんないよ。

 

やっぱ単価が高いのには高いなりの理由がるんだなって思った……。

 

 

広告を非表示にする