読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんままですが

母子家庭のリアルな生活日記です。

お給料が倍!?

トライアルに受かり

今まで1文字0.5円だった仕事が1文字1円になった。

 

正直、受かるとは思ってなかった。

だって、鑑定結果がちんぷんかんぷんだし

鑑定結果の単語を理解できないんだもん。

 

例えば(本当に例えなので鑑定結果はめちゃくちゃだよ)

 

「あなたを窮地から救ってくれる人はどんな人?」

っていうタロット占いのテーマで、愚者のカードを引いたとしよう。

 

愚者の鑑定結果欄に書かれてるのは「希望、出発、堕落、スタート」だとして、

これを占いの鑑定っぽく書くとしたら

 

あなたを窮地から救ってくれるのは、何かを始めたばかりの人。

その人は堕落した生活をしていたけれど、このままではいけないと自信を奮い立たせ

努力を重ねた人です。

その人のおかげで、あなたは希望を見いだせるでしょう。

 

みたいな。

とりあえず、その鑑定結果を文章に詰め込むだけ。

 

で、受かった。

 

え、いいの?

ほんとにいいの?

って思ったけど、その会社的にはおkだったらしい。

 

というわけで始まった1文字1円生活。

大体、月に10万文字ぐらいの発注。

ちなみに原稿用紙に換算すると250枚。

途方もない枚数だ。

 

とはいえ、この仕事を受ければ10万円だ。

 

甘かった。

まず、鑑定結果を読み込んだり資料を確認するのにすっごい時間かかる。

で、テーマと鑑定結果を照らし合わせながら書く。

 

更には300文字っていう文字数指定があるから、どうにかこうにかして

300文字に届くようにする。

 

本当に苦労した。

300文字書くのに10分以上かかってた。

 

で、文字通りパソコンとにらめっこだから肩がこる。

目が疲れる。

 

鑑定結果やら占い師さんのプロフィールやら、

その占い師さんの考え方やらがまとまったエクセルファイルを確認するのが

苦痛で仕方なかった。

 

が、引き受けてしまったのだ。

やるしかない。

 

幸い、工場が暇だったから

その時間を目いっぱい使ってどうにかやりとげた10万文字。

 

しんどかった。

 

提出したら、大層気にいっていただけたようで

また仕事の話がきた。

15万字いけるんじゃない、と言われ15万のお金にひかれ引き受けてしまった。

(実際は源泉徴収ひかれるんでもっと少ないけど)

 

ここで考える。

仕事は慣れてる、人間関係もそこそこいいが最低給料6万円、最高給料12万円の工場でずっとやり続けるか

毎月15万はもらえる上に家で仕事ができるが仕事に慣れてない占いライター。

 

この選択が正解だったかは今でもわからないけど

私は占いライターの道を選んだのだった。

広告を非表示にする